目指す頂は高い(2018/07/11天皇杯3回戦vs.ジュビロ磐田)

2018.07.12 Thursday

0

    天皇杯3回戦は、J1ジュビロ磐田との対戦。

    初めての対戦ですね!おいでませ山口へ!

    ここまで磐田は、リーグ戦8位。

    中村俊輔は、怪我から回復中ですが、大久保嘉人が加入するなど、後半戦に向けてテコ入れ中な印象。

    レノファは、PSMでサンフレッチェ広島と対戦して以来のJ1チームとの対戦です。

    自分たちのプレーがどのくらい展開できるのか、とても楽しみな一戦となりました。

     

    レノファのスタメンはご覧の通り。

    リーグ戦とは少し違うメンバーで挑みます!フォーメーションも変えてきました。

     

    対する磐田は、ご覧のメンバー。

    中村俊輔が戦列を離れているのがなんとも残念。そして、一番楽しみにしていたカミンスキーがいない。。。

    戦前のスポーツ紙では1ボランチでいくぞ!というふれこみでしたが、記事通り。

    攻撃時は、3-1-4-2、守備の際は、5-4-1(5-3-2)のような形でした。

    試合開始から、磐田の寄せの速さ、パススピード、判断の速さに慌てるレノファ。

    ミスを繰り返し、何度もピンチを招きます。

     

    前半16分、磐田は右サイドからクロス。川又が、マークをものともせず高い打点のヘッドであっさり先制!

    やはり、J2ではあまりお目にかからないレベルのFWですね。。。

     

    時間経過とともに、磐田のプレス、スピードにもなれボールを回すことができるようになったレノファ。

    しかし、相手陣地深くまで侵入することは容易ではありません。

     

    前半唯一のシュート、オナイウのヘッドは枠を外れる。

     

    磐田の迫力ある攻撃は、手を緩めることなく続きます。

     

    前半44分、上原のシュートが決まり磐田が追加点。

    前半終了間際のこの失点で、早々に勝負が決してしまいました。

     

    後半開始から、レノファは山下に代えて大崎を投入。

    山下はなかなか自分の持ち味を発揮できない展開でしたが、J1のプレースピードを体感できたことを大きな収穫にしなければなりませんね。

     

     

    レノファのビックチャンスは、磐田DF森下がギリギリのところでクリア。

    (これは、清永のシュートだったのかな?写真ではよく確認できず…)

     

    小野瀬の仕掛けは、今夜もイケイケ!

    清永との右サイドコンビも今後に可能性も感じましたね!

     

    とか思っていたら71分、またも川又。クロスをニアで合わせ本日2点目!お上手!

     

     

    途中出場の岸田のヘッド!これも枠をとらえず…。

     

    オナイウと岸田がうまいこと抜け出した!と思ったが今度はオフサイド。

     

    チャンスの後にピンチあり。

    84分、大井に決められ4-0とされてしまいました。

     

    レノファは、最後の力を振り絞りどうにか1点を取りにかかります。

    小野瀬のFKは、サイドネット!

     

     

    アディショナルタイムぎりぎり95分でした。

    鳥養が受けたファールでFKを獲得。そのまま鳥養が右足で中へ、中央で合わせたのは高木!

    なんとか一矢報いました!

    直後のキックオフでタイムアップ。

     

    レノファの今年の天皇杯はここで終了となりました。

    磐田は、福岡に勝った札幌と対戦となります。

     

    これも何かの縁、今年の天皇杯はこのあとジュビロ磐田に注目して行こう、応援しようと思っています。

     

    平日水曜日にもかかわらずたくさんの磐田サポーターが来てくださりありがとうございます。

     

    いつの日か、J1で対戦したいですね!待っててくださいねー!

     

     

    さぁ、ここで磐田と対戦して体感したことを糧に、これからのリーグ戦、さらにねじを巻いていかねばなりませんね!

    これからの気候、累積や怪我何が起こるかわかりません…総力戦だ!

     

    いい準備をして、東京ヴェルディ戦へ向かいましょう!

     

    ではまた!

     

    JUGEMテーマ:レノファ山口