リチャード・アシュクロフト Richard Ashcroft Japan Tour 2016.10.07.

2016.10.11 Tuesday

0

    すこぶる久しぶりのZepp Tokyo。

    今回は、リチャード・アシュクロフト!

     

    2008年にThe Verveとして、サマーソニックで体感して以来。

    新譜(THESE PEOPLE)も相当聴きこみ準備万端!

     

    大阪、東京初日とも、客入りはやや寂しかったようだが、リチャードを愛する皆で相当盛り上がったとのことで、期待も高まる。

    曲も毎回数曲入れ替えており、こちらも楽しみ。

     

    いてもたってもいられず、15時頃から入り待ちを敢行!

    16時過ぎ、バンドメンバーはリハの為会場入りするも、リチャードはこない。

    17時ごろスタッフから、今日は入り前にファンサービスには応じないと説明がある。

    (同会場で、2日目なので直前の会場入りしたことも影響があったのか?)

     

    スタッフの説明通り、入り口にバンが横づけしサッと中へ。

    姿を見ることもままならなかった・・・

     

    気を取り直し、会場内へ!

    最前をキープ!

    日の丸が見える。

     

    定刻の19時を少し回ったところで登場!

    Out of My Bodyでスタート!

    国旗を片手に激しく歌い上げる。

    途中足元に置いた国旗に、足を滑らせていたのはご愛嬌。

     

     

    2曲目は、Space and Time

    はやくもThe Verveの楽曲が登場!もちろん大合唱!

     


    Break The Night With Colour、They Don’t Own Me、This Is How It Feelsと新旧織り交ぜソウルフルに歌い上げる。

     

    ここから大好きな楽曲が続く!

    Music Is Power

    タイトル通りいつもパワーをくれる楽曲。

    今回は、アウトロがめちゃかっこよくアレンジされており、サングラスを外しギターを鳴らす姿に大歓声が起こる!

     

    Sonnet

    解説不要の名曲。いい!

     

    Science Of Silence

    今回一番聴きたかった楽曲。今回のツアーを前に一番聴きこんだ楽曲。

    一音たりとも逃さぬように、身体で受け止めた。

    その後は、新譜タイトル曲、These Peopleへと続く。

    「この人達」とプリントされた着るのに勇気がいるツアーTシャツが販売されていたことも記しておこう。

    (着こなす勇気などないので、未購入)

     

    続いてNew York!

    エモーショナルに歌い上げる。

     

    本編最後は、Lucky Man

    ここにいるみんなラッキーマンだよ〜と自惚れたことを思いながら、リチャードともに大合唱!

     

    アンコールでは、リチャードがアコギを抱えて一人で登場。

    セットリストには、Acoustic Dimensionと記されていたが・・・

     

    On your Ownを優しく歌い始める。

     

    次何うたう?とばかしに、観客に声をかける。

    すかさず「Check The Meaning! 」と後方から声が飛ぶ。

    「OK!」〜歌い終わるとリクエストした人の方を指差すリチャード。

     

    いやーかっこいいっす。

    学生時代、ロンドンを旅したときの思い出深い曲。

    叫んでリクエストしてくれた方、ありがとう!

     

    続いて歌ったのは、C'mon people

    これまた、素晴らしい。

    いえぃいえぃいえー!ともに叫ぶ。

     

    The Drugs Don’t Work

    曲途中からバンドが再び加わり一気に加速!

    Hold Onでは、跳ねる!叫ぶ!

     

    そして最後は、やはりこの曲。

    Bitter Sweet Symphony

     

    「歌う準備はできてるか?」と最初の方で話していたが、そんな心配は気鬱に終わる。

    イントロから大歓声が沸き起こる。

    リチャードは、マイクを観客に預けステージ上をはじから端から端まで移動し煽る。

     

    目に前に座り込み歌う。

    ステージを降り目の前で歌う。

     

    サマソニでのBitter Sweet Symphonyに勝るとも劣らない大円団だった。

     

    ステージ上から、皆を指差しぐっと抱きしめ彼はステージを去った。

     

     

    目の前で堪能させてもらった。

    僕の目に映ったリチャード。

     

    言霊を発するたびに、喉元の筋肉がしなやかに動く。

    時間とともに赤く紅潮し、汗が流れおちる。

    心地よいギターノイズとストリングスのSE。

     

    ぐっと拳を握る、マイクを胸に当て僕らにメッセージを送る。

    力の限り歌う。

     

    リチャードは、リチャードだった。

    いつも僕らに、勇気と愛をくれる。

     

    掴み取ったセットリストは、こちら。

    1. Out Of My Body
    2. Space and Time
    3. Break The Night With Colour
    4. They Don’t Own Me
    5. This Is How It Feels
    6. Music Is Power
    7. Sonnet
    8. Science Of Silence
    9. These People
    10.Lucky Man
    Encore
    11. On your Own
    12. Check The Meaning

    13.C'mon people

    14.The Drugs Don’t Work
    15. Hold On
    16. Bitter Sweet Symphony

     

     

    奇跡は、まだ終わらなかった。

     

    日本に来てくれたことを、素晴らしいギグを見せてくれたことを伝えようと出待ちをした。

    すると、そこにいた約50名近いファンたちと一人ひとり握手をし、言葉を交わし、写真やサインに応じてくれた。

     

    自分も拙い英語で、素晴らしいギグを見せてくれたこと、感謝の気持ちを伝えた。

     

    また戻ってくるよ。彼はそう言った。

     

    翌日、「次は、満員の武道館で演りたい」とインスタに記していた。

     

    うん最高だな!それ。

    今回会場に足を運んだ人達なら、みんなそう思うはず。

     

    「THESE PEOPLE」

     

    Tシャツ買うべきだったかな。

     

    ありがとうリチャード!

    武道館で会いましょ!

     

     

    にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
    にほんブログ村

     

    JUGEMテーマ:ROCK

     

    1