スポンサーサイト

2017.08.28 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    久しぶりの感触(2016/10/16 第36節 vs.徳島ヴォルティス)

    2016.10.17 Monday

    0

      9/25以来の維新。

      3連敗で迎えた徳島戦。

       

      徳島サポーターのみなさんもたくさん維新に足を運んでくださいました!

      どうもありがとう!

       

       

      レノファのスタメン、岸田が先発に復帰!

      GKは、村上。左SBに星が入る布陣。

       

      レノファは、右サイドから攻撃を仕掛ける。

      徳島は、ボールホルダーと近くの受け手を激しくプレス。

      レノファの攻撃をロングパスに限定しにかかる。

       

       

      フリーキックは、村上がセーブ!

       

      しかし12分徳島に先制を許し、「また先制されちゃった・・・」という雰囲気がスタジアムに。

       

      小池のクロスに右足を振り抜いた岸田!

      キター!と思ったが、ボールは枠の外・・・

       

       

      三幸のシュートも枠をかすめる。

       

      徳島の5バック(3-4-3)に苦しみ、厚みのある攻撃が仕掛けられない。

       

      0-1とリードを許し、前半を終える。

       

       

      この場面、中山は中へのクロスを選択。

      シュートの選択はなかったかな〜?そういう声がまわりからも飛ぶ。

       

      76分ついに追いつく!

      三幸!!!

       

      一気に維新が沸く!

      おわー!この感じ、スゲーひさしぶり!

      さぁ、逆転だ!

       

      しかし、徳島も渡を投入するなど、勝ち越しに掛かる。

      連続コーナーキック!

      正直、先に飛ばれて、競り負けて・・・ヒヤヒヤしかしないけど、何とかしのぎ切る。

       

       

      するとレノファは、安藤にビックチャンスが!

       

      オーマイ・・・無人のゴールに、入らない・・・

       

      アディショナルタイムは、4分。

      もういつ笛が鳴ってもおかしくなかった。

       

       

      安藤がゴールラインを割りそうなボールをなんとか繋ぎ、小池へ。

      小池は、中山へボールをつける。

      中山は、DFを背負いながら走りこんできた望月へ・・・

       

      ゴール!!!!

      レノファ土壇場で勝ち越し!!!!

      沸きますわな!そりゃ!

       

      望月、2節で魅せた岸田へのスルーパス。

      楽しみなシーズンが始まるな!と思ったのもつかの間、怪我で調整を続ける日々が続いていた。

       

      やっとやっと掴んだ初ゴール。

      嬉しいね!

      アシストを!そして、ゴールを重ねて、レノファの攻撃に厚みを!

      敵をあざむく憎いパスがみたいですな!

      ますます期待が高まります!

       

      久しぶりの山口一番!やっぱいいね!

      みんな待ってましたー!とばかしに喜ぶ様子がほんとにもう・・・

       

      引き上げる選手たちに万雷の拍手が。

       

       

      4,008人、連敗中、天候もあるけれど、ちょっと寂しい数字。

      ヒーローインタビューで、庄司も言っていたがもっともっと沢山のサポーターで選手を後押ししたいところですね。

       

       

      次は、長崎ですね。

      岸田に決められ敗戦した前回対戦。

      ならば、岸田が決めて勝ちましょう!

       

       

      長崎行けるかな?行きたいな。

      自分はぎりぎりまで、悩みそうですが、足を運べる方は是非!

      現地で素晴らしい瞬間を!(確信)

       

      ではまた!

       

      JUGEMテーマ:レノファ山口

      スポンサーサイト

      2017.08.28 Monday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL