スポンサーサイト

2017.03.21 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    光の射す方へ・・・

    2016.12.10 Saturday

    0

       

      レノファサポーターの皆さん、心中穏やかでない日々をお過ごしのことと思います。

      私もそんな中のひとりです。

       

      選手の退団や移籍をめぐり、様々な憶測や噂が飛び交っていますが、なぜそういう「結果」に至ったかなんて、いちサポーターが知る由もありません。

       

      知ったところで、誰もが納得の行く理由だと割り切るのは、なかなか難しいものなんじゃないかなと思います。

      その人の人生が掛かった内容ですものね。

       

      「これがプロサッカー選手の世界なんだ」としか言い様がないのかもしれません。

       

       

      クラブは、来季に向けてさらなる「結果」を求めるための決断を下しました。

      選手は「感謝の心」か「反骨心」か定かではありませんが、あらたな決意を胸に新天地で輝くことで自分の人生を切り開くのです。

       

      選手はたくさんのサポーターを呼びます。

      新たな選手が来れば、また新たなサポーターがやってきます。

      裏を返せば、選手が去れば、それだけサポーターが去っていくのも見てきました。

       

      それが良いとか悪いとかではなく、そういう事だと言うことです。

      そうやって、1年1年歴史を積み重ねていって、クラブがたくさんの人々の「経由地」であればいいのです。

      (そう思うようにしました。理想は、出発点であり終着点であればいいですが、誰もがそうとはいきませんものね)

       

      クラブは、Jリーグの荒波を越えていかねばなりません。

      その為に、理念や計画(予算や事業計画)があるはずです。

      全部が公表されているわけではないでしょうが・・・ここに2013年に発表されたものがあります。

       

      レノファ山口FC 短・中・長期経営計画(2013〜2020)(注:PDF)

      http://www.renofa.com/php/upload/page/00119/f001.pdf

       

      これに照らし合わせれば、ここまで驚異的なペースで進んでいることがよくわかります。

       

      今、クラブとしては、「J1へジャンプするために一旦屈伸するタイミング」なのではないでしょうか?

      毎年、しっかり単年度黒字をだしながら経営基盤を築き、数年後、勝負のタイミングで一気に打って出ようとしているのかもしれません。

      (クラブ、選手、スポンサー、行政、サポーターがそこを共通理解した上で挑めれば、最高だと思いますが・・・)

       

      今季のファジアーノ岡山は、その勝負の年だったと聞いています。

      結果は残念でしたが、また体力をつけてチャレンジする年がやって来るはずです。

      いいお手本は隣県にもたくさんあります。切磋琢磨する友でありライバルですね。

       

      んー、、、何が言いたかったがよくわからなくなりましたが・・・以上が、私の妄想話です。

      長々とお付き合い頂きありがとうございます。

       

      つまりはですね・・・皆さんそれぞれに思うところはおありでしょうが、明日の「レノファフェス」参加ができる方は、クラブに残る選手、去る選手、監督、コーチ、スタッフみんなに、温かいねぎらいの言葉を掛けませんかね?ということです。

       

      個別のサインや写真はNGだそうですので、マナーを守っていい空間にしましょう!

       

      ではまた!

       

       

      にほんブログ村 サッカーブログ レノファ山口FCへ
      にほんブログ村

       

      JUGEMテーマ:レノファ山口

      スポンサーサイト

      2017.03.21 Tuesday

      0
        コメント
        いまきらら公園から帰って来ました。

        想定はしてたものの
        あーだこーだ言う人が多くて
        少し気疲れしたかな。

        今この位置にいて楽しめる事すら
        ワシには素晴らしいと思いますけ
        改めて感謝感謝の感謝のフェスでした。
        • by 椹野川の鮎
        • 2016/12/11 7:30 PM
        椹野川の鮎さん:お返事が遅くなり申し訳ありません。皆さんいろいろと思うとこはあるでしょうが、今季を山口で一生懸命戦ってくれた選手の皆さんと触れ合う時間を設けてくれたことに感謝ですね!また、来季も自分のペースで応援していきましょうね〜!
        • by れのん
        • 2016/12/13 9:25 PM
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL