2017.2.17.PSM:レノファ山口vs.サンフレッチェ広島

2017.02.22 Wednesday

0

    少し日が経ってしまいましたが、先日のPSMについて振り返っていこうと思います。

     

    今季は、山田元気選手の横断幕を作らせていただきました!

    あー!こ、これは・・・〇マダ電機!と勘違いされる方もいらっしゃると思いますが、違います。

    ボールをがっちり掴むさまをデザインしてみました!(やめろ

     

    さ、では開幕戦に向けてどんな具合に仕上がっているのか?PSMの様子をさらっとお届けします―!

     

    開幕1週間前ということもあって、広島も現時点でのほぼベストメンバー。

     

    新生レノファはご覧の陣容。

     

    スカパーの解説では、広島が維新に来るのは「初めて」と言っていましたが、私が観戦したもの(マツダ時代を含む)だけでもこれで4試合目です。レノファとの対戦でいっても2試合目ですな。そこんとこよろしく!(何様)

     

    このPSM恒例化できないかね。来年はエディスタで、再来年はまた維新で・・・なんて夢が膨らみます。

    岡山や鳥取を加えてやるのもいいんじゃないかね!

    まぁ広島がACLでちゃうと難しそうですが・・・

     

    はい、話がそれました・・・

    開始早々塩谷にズドンとFKをぶち込まれました。

    試合序盤の入り方、壁の作り方など、まだまだチームとして意思疎通、意識統一ができていないな・・・という失点でしたね。

    これがPSMでよかったなと思える、価値ある失点だったと思います。

     

    広島の両サイド、柏・ミキッチ・・・素晴らしすぎますね。さすが。

    この時期に、こういう選手と対峙できるのは有難いことですな!

     

     

    試合前、(某中國新聞でリサーチした情報で)個人的に一番気になっていたのが、フェリペシウバ。

    今年の広島を牽引しそうな気がしてなりません・・・

    深い切り返しからの素晴らしいゴールでした。

    0-2・・・レノファはなかなかシュートまで行けません。

     

    防戦一方・・・

     

    そんななかでも、徐々にボールを握り返す時間が増えます。小野瀬のシュート!

     

    小野瀬のテクニック、シュート、、、期待できますね!

     

    今季の維新初得点は、米澤でした!高柳のフリックを落ち着いて決める!

     

    時折、鋭いスルーパスを魅せた小塚。前線の選手や相棒の三幸などとのコンビネーションが高まれば・・・と期待が持てた!

     

    米澤のボレーは惜しくも枠の外。

     

    米澤とスタメンの争う岸田。

    昨年の怪我の影響は全く感じさせない動きで前線からチェイスをかける。

    シュートは、少し力んだが枠を大きく外す。

     

    去年は、まったく可能性を感じなかったセットプレー。

    今年は、どうでしょうかね。

    この場面、渡辺が身体ごと押し込む気概をみせる。個人的には、好きですこういうプレー。

     

    球際の激しさいいよね。

    こういうひとつひとつのプレーに沸くスタジアムが大好きです。

     

    ということで、終わって見れば1-4で完敗。

     

    前半も後半も立ち上がりに、簡単に失点をしてしまったこと。攻守のバランスのとり方など、収穫の多い90分だったのではないでしょうかね。

    練習初日、熊本での大分とのTM、そして今日と見てみて・・・グングン進化・深化していることは間違いありません。

    選手を信じて応援するのみですね!

     

    維新に駆けつけた広島サポーターは2,000人近く。素晴らしい雰囲気を作ってくれました!

    また、(すぐにでも)対戦したいですね!その際はよろしくお願いします!

     

    ということで、いよいよ2017シーズンが開幕です。

     

    どんなシーズンになりますかね。

    自分のできる範囲で、アツく応援をしていきたいなと思います。

    今シーズンも皆様どうぞよろしくお願いいたします。

    では!

     

     

    「これからもずっとこの国のサッカーとともに」

     

     


    にほんブログ村

     

    JUGEMテーマ:レノファ山口

    スポンサーサイト

    2017.03.21 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL