365歩のマーチ(2018/05/27 第16節 vs.カマタマーレ讃岐)

2018.05.25 Friday

0

    今季初開催の下関。

    カマタマーレ讃岐を迎えての一戦です。

    おいでませ下関へ!

    カマタマさん、実は下関初見参ではないんです。

    さかのぼること…あれは、2010年のことでした。

    山口国体の1年前、山口全社での決勝戦がここ下関で開催され、長野パルセイロを2-0で破り見事に優勝しています!その勢いそのままに、地域決勝も優勝し、JFL昇格を果たします。当時、羨望のまなざしを向けていたのを覚えています。

     

    当時を知るのは、讃岐の北野監督だけかしら?…と、考えながら上を見上げると…あ、石原GMもですね。(不安そうに戦況を見つめ中?)

    その後、レノファに移籍してきた飯塚選手など、当時の讃岐の選手達、非常に印象に残っています…。

    ちなみにレノファは、2回戦敗退でした…って、昔話をつらつら書き続けるわけにも行きませんので、そんな先輩クラブとの下関での戦いを振り返って参りましょう!

    昨シーズン、レノファに所属していたパクチャニョン。今節は、ベンチスタート。

    アップ終了時に、トリ君とご挨拶。

    レノファは、前節大分戦からスタメン変更なし。

     

    讃岐のスタメン。原、木島の2トップは驚異。高木和正が、久しぶりにベンチ入り。

     

    レノファボールでキックオフ!

     

    すっかりスタメンに定着した池上。タメを作って走り込んできた鳥養にパス!

    讃岐DF陣が、間一髪シュートを撃たせない!

     

    こぼれ球を、前が狙う。

     

    戦前の予想通り、讃岐は、4-4-2で自陣をしっかりブロック。カウンターを狙ってきます。

    対するレノファは、讃岐の守備陣形を前後左右に揺さぶり、シュートコースを作り出すのか、注目してみていましたが、なかなかうまくいきません。

    逆に、何度もカウンターからピンチを招きます。

    この場面は、藤嶋のファインセーブでなんとか失点を防ぐ!

     

     

    渡辺のヘッドもGK正面。

     

    池上の折り返しも、中には合わず讃岐DFがクリア。

     

    大崎が、空いたスペースでパスを受けターン。

    右足を振り抜くも、サイドネット。

    讃岐は、粘り強い守備、素早いカウンターに徹底。

    対するレノファは、運動量、パスや判断のテンポ、パスやシュートの精度、どれも及第点とはいかず…。

    讃岐のゲームプラン通りに経過していましたが、、、

     

    前半終了間際、レノファは自陣でのクリアボールを大崎が繋ぎ、高木が讃岐ゴール前へドリブルで侵入。

    シュートを選択するかと思いきや、逆サイドを駆け上がってきたオナイウへ。ほぼ同時に讃岐DF陣も帰陣。

    チャンスは途絶えたかと思いましたが、、、そこに猛然と駆け上がってきたのが、アンカーの三幸!

    レノファが先制点をあげます!

    守備陣も、センターサークルで祝福!

     

    悪いながらも、1-0とリードして折り返します。

    前半終了も笛を聞く前に、そそくさとロッカールームに下がる霜田監督の姿に、監督のこのゲームに対する思い、不満が見て取れました。

     

    後半開始とともに、讃岐は高木と森川を投入。

     

    高木のシュートを池上がブロック。

     

    試合中何度もやり合っていた小野瀬と麻田。見ていて楽しいマッチアップでした!

    麻田くん、若くて体格も良いし、将来が楽しみな選手ですね!

     

    オナイウのヘッドは、クロスバーを直撃!追加点とはならず…。

     

     

    ゴール前にクロスを入れるも、山下にはあわず、讃岐武田がクリア!

     

    讃岐も何度も得点チャンスを作りますが、この場面は、藤嶋のセーブで事なきを得ます。

     

    レノファは、今季初出場高柳を最後のカードとして投入。試合をクローズさせにかかります。

     

     

     

    AT4分の表示。

     

    野田主審の笛・・・試合終了!1-0で讃岐を下し、2位をキープ。

     

     

    北野監督のコメントの中でふれられていたが、讃岐の戦いぶりにレノファサポーターから拍手をいただいたというものがあった。

    ここまで、勝ち点10で最下位に沈んでいる讃岐。しかし、このゲームに限って言えば、自らのゲームプラン通りに遂行し、最後まで走りきる素晴らしいチームだった。

    昨シーズンのレノファも、なかなか勝ち点を積み上げられず苦しいシーズンだったので、讃岐サポーターの皆さんの気持ちも痛いほどわかる。

    個人的にも「縁」あるチームなので、ぜひ踏ん張ってもらいたい。

    10月の対戦も楽しみにしています!

     

    対するレノファ、5月を3勝2分で乗り切り勝ち点を31に伸ばした。

    今日の試合を、3/31の山形戦以来の無失点で凌いだことも嬉しいトピックスですね。

     

    しかし、課題はまだまだたくさんある。

     

    監督もそう話しています。

    課題があるということは、伸びしろもあるということ。

     

    「3歩進んで2歩下がる。」

     

    試合をこなすごとに、失敗も成功も選手達の成長の跡が見えて楽しいですね!

    次節も「ともに戦おう!!」

     

     

    ではまた!

     

    JUGEMテーマ:レノファ山口