J3王者対決!(2016/05/07/第12節 vs.ツエーゲン金沢)

2016.05.08 Sunday

0
    とっても楽しみにしていたこのカード。

    クラブ創設も2006年の同級生。
    所属するカテゴリーは、すれ違いが多く公式戦では初対戦。(前身は、除く)

    キヨ、監督、コーチと金沢と縁が深い。


    金沢からようおいでになりました!


    さ、試合です!
    スタメンは、ここまで好調の中山が欠場し、島屋がトップへ。
    サイドハーフには、黒木が入る。

    いわゆる「0トップ」「偽9番」といわれるような形が顕著に出るかな?とスタメンを見た感じの感想でしたが・・・。

    対する金沢は、バックラインを3バックから4バックへチェンジ。
    ボールホルダーにアグレッシブにチャレンジして、ボールを奪うとアーリークロスをレノファDFの裏に入れてきます。

    レノファは、少ないチャンスを物にしようと、シュートを放ちますが・・・

    金沢守備陣の堅守に阻まれます。


    黒木のFKも枠を外す。

    前半は、スコアレスで折り返し。

    レノファ、後半頭から黒木に変わり原口を投入。
    前線でタメを作り攻撃のスイッチを入れたいという意図が見て取れます。


    香川のおしゃれなトラップからのクロスに島屋が合わせるも枠の外。

    レノファは、ラインをコンパクトに保てず間延び。
    金沢の攻撃に、守備ラインを下げさせられリズムが掴めぬまま時間が過ぎていく。

    「今日は、引き分けで御の字だなー。なんとかしのげ!」との願いもかなわず、金沢先制!
    時間は、87分。(おうふ・・・)



    追いつこうと必死の攻撃も、実らずタイムアップ。



    金沢さんに、今季初勝利をプレゼント。
    おめでとうございます!

    金沢いきますんで・・・その時は・・・今度こそ!




    そーそー、監督は、縁のある選手は使うようにしているんでしょうかね?(笑)
    いわゆるひとつのメークドラマ采配。(←おい。)

    熊本戦の黒木、千葉戦の鳥養、そして今回は・・・

    試合前のサポ仲間との雑談では、キヨの糸をひくようなミドルで1-0で勝つ予定!だったんですけどね。
    金沢でお見舞いしてもらいましょう!

    次は、セレッソ。
    三幸は、累積で出場停止。
    総力戦が予想されますので、可能な方は現地で!行けない方はテレビで!
    しっかり後押ししましょう!

    JUGEMテーマ:レノファ山口