維新の寒空にトランペットが鳴り響く(2016/03/13/第3節 vs 町田ゼルビア)

2016.03.14 Monday

0
    天気も内容もかなりお寒いものとなった町田戦を(主観でざっくり)振り返ってまいりましょう。



    その前に…
    レノファ主催の公式戦って、トランペット持ち込み禁止ですよね?
    ま、町田さんがご存じなくて使ってらっしゃったとしても…運営は何してたんですかね?
    不必要なトラブルを避けるためにも、この辺りはきちんと対応していただきたいですね。
    町田サポさんにも不誠実ですわ。



    今日の主審を見た瞬間に、嫌な思い出がよみがえる。
    昨シーズン、下関での町田戦。
    豪快な誤審で福満を退場に追いやったあの方。
    なんたる巡り合わせでしょうか。
    (今回が、初めてのJ2での笛だそうで。はい、…素晴らしいデビューおめでとうございます。棒。)
     


    スタメンは、前節負傷交代した望月に変わり福満がボランチへ下がり、福満のポジションへ安藤が初先発。
    右サイドは、鳥養に変わり星がこちらも初先発。

    前半は、安藤のポジション取りに注目して見ていましたが、岸田のシャドーでDFラインとボランチ間でボールを受けて仕掛けるというよりは、岸田と並んで裏を狙う2トップのような形。
    これでは、彼の良さは活きないし、もっとボールを呼び込んで、自ら仕掛けて攻撃にアクセントをつけて欲しいと思ったのは、自分だけではない?
    福満のボランチ起用についても、彼の特性を活かすという点では、少し疑問が残る。
    じゃ、かわりに誰がボランチやるの?チームコンセプトとの融合性は?
    ・・・とか、この辺りの組み合わせについても、居酒屋トークに持ってこいの話題ですね。(何だ、それ。)
     
    前節、今節と相手に退場者が出た中で、守備ブロックを割れず得点を奪えなかったことは、素人目にみてかなり残念。

    今節に関して言えば、スリッピーなピッチコンディションを考えれば、もっと早い時間帯から、遠目から狙って欲しかった!とかクロスをシンプルに上げて良かったんじゃないか?といった感想を抱いた方も少なくないはず。
    自分たちのサッカーへのこだわりが強すぎて、決まり事以外の状況適応力や柔軟性が低下してしまっているのではないか?なんて、ネガティブな考えも頭のなかを駆け巡る…。(んなことないだろうけど)



     
    どんなに苦しい状況でも自分たちのサッカーをやり抜いて最高の結果を出したJ3での戦い。
     
    自分たちのサッカーをやり抜こうとして、結果が出なかった昨日の試合。
     
    何が違うのだろうか?
     
    それは、ほんのちょっとの「心の余裕」ではないだろうか。
    冷たい雨が、「心の余裕」をスタジアム全体から奪っていった。
    (天気のせいにするな?)
     

    刻々と時間が進む中、サイドに預けたパスが合わずにタッチラインを割る。
    すると、メインスタンドからは思わず大きなため息がもれる。
    「あーーー・・・。。。」
     
    横断幕を片付けながらコルリさんと、「今日はゴール裏の雰囲気も、もっさりとしたというか、(行くぞ!っていう雰囲気を)作れなかったね。」「うーん、難しかったねー。」なんて会話も交わした。
     
    我々サポーターが、ボールに直接的な力を加えられるわけではないけれど…
    よりいい雰囲気を作り出すことはできるはず。

     
    これからも、選手が押し進めるボールが転がる先(未来)を信じていきましょう!



    ではまた!

    JUGEMテーマ:レノファ山口