スポンサーサイト

2017.08.28 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    艱難辛苦(2017/03/12/第3節vs.大分トリニータ)

    2017.03.14 Tuesday

    0

      監督は言いました。

      「チームとして機能するには、1年半かかる」と。

       

      しかし、シーズンは1年も満たないうちに終わりを告げます。

       

      チームとしての体をなすために、1年半かかるのなら、なぜこんなに選手を入れ替えたの?…と、与太話(でまかせのつまらないたぐいのおはなし)を蒸し返してしまいたくなるような、しょっぱいゲームでした。

       

      しかし、そんなたらればをいまさら言っても何も変わりません。

      ピッチで戦ってくれている選手達は、着実に進化しているのは誰の眼にも明らか。

      もう少し踏ん張らなければなりませんね!(反省

      では、大分トリニータとの公式戦初対戦を振り返ってまいりましょう!

       

      福元、岸田、岡本と大分に縁のある選手に、大分サポータは拍手とブーイングの混在で歓迎。

       

      スタメンは、福岡戦の後半のメンバーでスタート。

      前節を見た大半のサポーターが思う最適解だったのではないでしょうか。

       

      ボールを握って試合の主導権を奪っていたようにも見えました。

       

      ですが実際には、守備ブロックを崩してシュートに至ったシーンは少なく、大分も守っていて、レノファの攻撃を脅威には感じなかったのではないかと思います。

       

      前半終了間際、カウンターから綺麗に失点。

       

      これぞフットボール!といってしまえば短絡的ですが、いまのレノファにとっては重い失点でしたね。

       

      後半頭から、岸田に変わり清永を投入。米澤がトップに回ります。

       

      なんとか大分守備陣を崩そうと試みますが・・・

      なかなかいい形でシュートにまで持ち込めません。

       

       

      小野瀬が抜け出しカウンター攻撃!

      ファインダーをのぞきながら「打て―!」と念じていましたが、、、

      ボールを綺麗に刈り取られ逆カウンター!

       

      ゴール前まで侵入され、渡辺が倒してしまいPKを献上。

      これまた台本通りのやられ方ですね。

      ゴールポストに助けられ2失点目は、なんとか回避。

      まだツキはある!と思いましたが・・・

       

       

      またもカウンターからドリブルで抜き去られ、2-0と大分がリードを広げます。

      あっぱれ!

       

       

      11,370人、山口サポも800人近く足を運んでいましたので、いい雰囲気でしたね!

       

       

      反撃もむなしく、試合終了の笛。。。

       

      3節まで終わって、もぎとった勝ち点は1のみ。

      厳しい試合が続きます。

       

      ひとついい形でゴール前に侵入できると、ひとつゴールが生まれると、グンと進化が加速すると信じて、次節もしっかり応援しなければ!ですね。

       

      ピッチ上での共演はならなかったふたり。

       

      次節は、ヴェルディを維新に迎えます。

      (しおんくんかっこいいね!←おい。)

      なかなか骨のあるチームです、しっかりいい雰囲気を作って選手を後押ししましょ!

       

      ともにベストを尽くして、その時のベストの結果を得られるよう応援していくのみです!

       

      ではまた!

       


      にほんブログ村

       

      JUGEMテーマ:レノファ山口